ご依頼について

 

わくわく法人rea東海北陸不動産鑑定・建築スタジオ株式会社では、アイディア満載のリノベーション・リフォームを中心に年間3件程度の建築コンサルティング、照明デザインの案件を承ります。ご検討される方は次のプロセスをお読みください。

1)「わくわく」を共有しましょう

 

依頼者と請負者といった対峙する関係ではなく、同じ図面やアイディアを共有することで、まだ見えぬ未来の建築スペックに一緒にわくわくするところから始まります。

 

 

 

わくわくだけで終わらないテクノロジー

当社は不動産の鑑定評価事務所でもあり、また事業再生案件も手がける事務所です。単に楽しい、面白いではなく、経済的にも破綻のないプロジェクトを提案し、進めることができます。

2)イメージを共有しましょう

 

 構造、温熱環境、意匠デザインに配慮しながら、用途に応じた設計ツールを駆使して案件ごとの「わくわく」を目に見える形で提案し、修正していきます。

 同時に見積もり、予算の策定、委任契約の締結、発注先の選定などを平行して進めていきます。.

 

イメージを表現するテクノロジー

建築技術として裏付けのある提案を行うために、2種類の2次元CAD、3種類の3次元CAD、省エネ性能の検証用にエネルギー性能検証ツール、柱や梁の位置を変更したり、構造補強の計画を行なうのに地震耐力(限界耐力計算)の検証ツール、断熱要素を変更する場合には内部結露検討ツールを必要に応じて使用し、実験住宅2棟で検証して、技術的に成立するプロジェクトとして提案するよう心がけています。

3)作りましょう

 

 2次元、3次元イメージを実際に形に作りましょう。リノベーションに問題はつきもの。問題が起きたらその都度一緒に考えて解決してましょう。

 時には釘を打ったり、珪藻土を壁に塗ったり、できることは一緒にやってみましょう。

 

イメージを細部まで具現化するテクノロジー

イメージを細部まで実現するために、そしていままでにないもの、新しい概念のものを作り出すために、当社では基本的な工具を保有して必要であれば職人と役割分担できる環境を作っています。

4)完成とお支払い

 

 完成したら、契約に基づいて検収後お支払いいただきます。金融コストを押さえてより合理的な金額で工事を行うため、最終のお支払いは引き渡し後10日以内としています。

 

費用と完成度に合理性を与えるテクノロジー

 一般の建築設計事務所・工務店と異なり、1軒の家でもいくつかの段階を踏んでプロジェクトを進めていきます。支払いサイトを短くし、材料費、人件費を速やかに支払うことで信頼できる継続的な関係を構築でき、プロジェクトの完成度を高め、結果として費用も合理的に抑えることができます。

5)より使いやすくしましょう

 

 プロジェクトは完成で終了しません。一度に全部を完成させず、ワインの熟成のように段階を踏んで使いながら、時間をかけて空間を変えていくとよりたくさんのこだわりとわくわくと使いやすさ満載の空間と建物になります。

 

 まずはとりあえず住めるように、次に使いやすいように、そしてより居心地が良い空間になるように・・・と。

 

アフターフォローについて

引き渡し後10日、3ヶ月、1年をめどにご希望の場合に点検を実施しています。

 

6)どんどん良くしましょう

 

 そこで生活している限り建築と照明デザインに完了・終了はありません。「あーあそこがこうなっていたら」といったことも修正しながら、プロジェクト全体のバランスを考慮して構造、下地、断熱と温熱環境、内装、外装、照明、給排水、収納そして魂の宿る細部にわたり1)から4)のプロセスを繰り返すことで空間を完成させていきます。